teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


http://www.cngete.com/paul-smithポールスミス-pyxqp-15.html

 投稿者:ポールスミス 財布 メンズ 人気  投稿日:2013年10月23日(水)08時22分37秒
  ポールスミス財布一覧  
 

現在の研究はこちらです

 投稿者:  投稿日:2013年 2月14日(木)00時16分7秒
  現在の研究ブログはこちらです。

tense.blog.so-net.ne.jp

なお,不適切な書き込みは削除しました。
 

I make the train----

 投稿者:とおりすがり  投稿日:2006年 4月30日(日)19時59分36秒
  通りすがりで、失礼します。
英語を教えているものです。
I made the train with five minutes to spare.
は、
make the train で、電車に間にあうという意味
with ---- to spare  は、~を残してという意味です。
ですから、この文章は、その電車に五分前に間に合ったと言う意味になります。
どちらも、辞書に載っていますから、確かめてみましょう。
英語は、憶測で判断するものでなく、おかしいな、と思ったら辞書を引くようにしましょう。
 

教えてください

 投稿者:MOKUMOKU  投稿日:2006年 3月13日(月)03時12分39秒
  わたしの上役が英語で論文を書いており、「カルシウムの蓄積が脾臓肥大の原因になるかどうかははっきりしない」という意味で"It is unclear whether accumulation of calcium causes splenomegaly" と書いていました。わたしの英文法の知識は高校時代から1歩も進歩していないので、形式主語のitがwhether clauseを受けることをしらなかったのです。(that clauseと不定詞だけだと習った)。whether がOKなら、"It is unclear if accumulation of calcium causes splenomegaly"もOKですか?  

ameblo

 投稿者:  投稿日:2005年12月 3日(土)03時32分45秒
  http://ameblo.jp/c884/

http://plaza.rakuten.co.jp/yasnet/

 

少しずつブログにします。

 投稿者:  投稿日:2005年12月 3日(土)01時39分17秒
  超英語文法(工学部情報工学科研究室)
http://plaza.rakuten.co.jp/yasnet/

http://plaza.rakuten.co.jp/yasnet/

 

削除しました

 投稿者:メール  投稿日:2005年11月29日(火)22時54分7秒
  不適当な書き込みは削除しています。

>東海林様

書き込みありがとうございます。うれしいです。
なぜか英語では食べておりませんが、
http://c884.net が私の本業です。
いつか文法書をかいてみたいなあ。。
文部省の教科書がひっくり返るような。なんて思ったり。

http://c884.net

 

はじめまして

 投稿者:東海林メール  投稿日:2005年11月28日(月)16時57分54秒
   下記のようないかがわしい書き込みをされながら,このようなチャンネルを維持されている努力に敬意を表したく存じます。

 私は教育業界の末席に座っているものです。私は英語の理解力が低く,かなり英語を習得するのが困難でした。卒業も英語関係の学部ではなく,二流国立大の経済学部です。

 そんな私が,なぜか英語を教えた経験があり,英語についての著作物にかかわらせていただいております。

 林さまのHPを拝見いたしましたが,いみじくも規範英文法の教え方に疑問があるという点において,まったく同じ意見をもっております。サイトに掲載されている情報は,林さまのお考えのごく一部なのでしょうが,私も「時制(Tense)」のご認識,および「相」という概念の無理解には心を痛めております。

 また,過去分詞と呼ばれるものとhave動詞,be動詞の結びつきの説明も乱暴です。関係代名詞,関係形容詞というものが本当にそう呼ぶ必要があるのか…かなり多くの疑問をもちつつ日々の仕事をこなしております。

 立場上,本名,所属組織を名乗りにくい状況にありますが,直接メールをいただけましたら幸いに存じます。
 

あえていうなら

 投稿者:  投稿日:2005年 8月 9日(火)02時23分44秒
  AN ENQUIRY INTO THE MEANING OF TENSE AND MOOD IN THE ENGLISHの

THE ENGLISHは、あえていうなら、『細江の英語』という意味です。
THE + 名詞 というのは共通認識ですから、わからないひとにはわからないのですが。
 

MOKUMOKU様2

 投稿者:メール  投稿日:2005年 8月 8日(月)17時23分1秒
  あなたは誰を待っているのか? の意味では、
慣習としてWhomは使いません。一応ネイティブに確認を取りました。
 

MOKUMOKU様

 投稿者:メール  投稿日:2005年 8月 8日(月)16時30分58秒
  林と申します。メールありがとうございます。
ご指摘の件、実はですね、AN ENQUIRY INTO THE MEANING OF TENSE AND MOOD IN THE ENGLISH VERB という細江逸記博士の『動詞時制の研究』をもじりまして、わざとTHEを残した洒落なので、わかってる方には、クスっと失笑いただけるかと。
英語の名詞は、単体では(冠詞も-sも無い状態では)すべて抽象語ですので、一般的な英語という抽象的対象を表現するには、ご指摘どおり、THEは不要です。混乱させて申し訳ございません。
 

(無題)

 投稿者:MOKUMOKU  投稿日:2005年 8月 8日(月)13時05分42秒
  >英語の時制の研究

>AN ENQUIRY INTO THE MEANING OF TENSE AND MOOD IN THE ENGLISH

掲示板のことを知りませんでしたので、林先生に直接メールで質問してしまいました。

くりかえしますと、わたしは高校で、Englishは英語のこと、the Englishは「英国人」のこととならいましたが、the Englishも「英語」のことなのですか。
 

あなたは誰を待っているのか?

 投稿者:MOKUMOKU  投稿日:2005年 8月 8日(月)12時47分32秒
  "Who are you waiting for?"と学校で教わりましたが、父は "Whom are you waiting for?"だというのです。どちらが正しいのですか。  

英語の文法の起源と構造

 投稿者:  投稿日:2004年10月11日(月)05時16分17秒
  わが国の民法典も影響を受けているフランス民法典など、辞書編纂が盛んだった都フランスが、フランス語のスタンダードを定め(標準化)たのを横目に、当時、田舎者というコンプレックスを抱いていた英国が、『我々も方言だらけなままでは馬鹿にされてしまう。英語のスタンダードを決めなくては』と規範英文法をつくるに至る。
つまり、いわゆる学校英文法は、

   こういうときは→こういう

となっている。これは『文の作法としての文法』

    現在のことをいうとき→現在形を使いましょう 

しかし、その逆、真ならず。(←数学の論理の項をやってください)

   ×現在のことをいうとき←現在形
※普遍の真理は時に左右されない。
劇的現在は、過去のことを現在直面してるかのように臨場感を出すために使う。


実は、この逆矢印が、『文の構成法則』である。

ちなみに

   現在のことをいうとき→過去形 had better    

ということがあるので、

   『文』は、現在過去未来ではない尺度で構成されていると推測される。


http://tense.c884.net
現在形は、直面形としたほうがわかりやすいかも。
 

やって来ました

 投稿者:川島メール  投稿日:2004年 9月23日(木)11時48分33秒
  ホームページ復活とのこと、楽しみ
にしてます。
リンクは喜んでさせていただきます(^^)ゞ
英語文法について、学ばさせてもらいますんで、
よろしくです。
 

近日復活

 投稿者:  投稿日:2004年 9月22日(水)15時19分12秒
  下記URLで近日、
ホームページを復活致します。

http://tense.c884.net/
 

involve の用法

 投稿者:O'Tanchin  投稿日:2004年 7月 9日(金)03時09分10秒
  ウルトラ亀レスですが,別件でグッグッていて,気づいたもので一言。

toko-san wrote [投稿日:10月27日(月)12時25分27秒]:

> In the USA the right to receive informed consent wasn't expressed until 1957 
> when the California Supreme Court introduced the theory in the case ( ) a patient
> who had a problem with blood circulation in his leg.
> この文章の(  )に入る語なのですが、
> 1) involved
> 2) involving in
> 3) which was involved
> 4) which involved
> のどれなのでしょうか? 
>
> 4)のような気がするのですが、1)との違いがいまいち分かりません。
> よろしくご教示ください。


【正解】4)
1)は,involving なら正解。
"The case involved somebody" という表現はごく普通に使われています。
Google で,"the case involved"をフレーズ検索してみてください。
 

ありがとうございました

 投稿者:toko  投稿日:2004年 4月27日(火)16時25分13秒
  林先生、いつもありがとうございます。
そうですよね。発車前なら乗り遅れるワケないですものね。
これは、発車5分前にゆうゆうと乗れた、ってことでしょうか。
私の勘違いかもしれません。申し訳ありませんでした。
これに懲りずにまた教えて下さいませ。
お世話になりました。
 

まずは直訳を

 投稿者:  投稿日:2004年 4月15日(木)00時51分44秒
  ん?なんか日本語おかしくないですか?

「発車5分前に電車に乗り遅れた」日本語として意味がつかめません。
発車5分前なら間に合ってるはずですし。。乗り遅れはおかしい。

I made the train with five minutes to spare .

with five minutes :5分で(所要時間)/ withの意味はhaving
I made the train to spare :お代わりの電車を作ったよ。できたよ。

5分で代わりの電車を作ったよ。(3分クッキング)

→(文脈からどうもこの人は乗り過ごしたらしいと推測)

もし、その5分がなければ、
代わりの電車は必要なかったわけですが。

→(日本語として自然で、わかりやすいいいかたに換える)

5分遅れて次の電車を待つことになった。
5分の差で電車に乗り遅れた。
5分前発車の電車に乗り遅れた。(日本語としてやや不自然ですが。。)



 

I made the train with five minutes to spare .

 投稿者:toko  投稿日:2004年 4月14日(水)22時14分13秒
  失礼しました。質問を書かない内に飛んでいってしまいました。(^^::
下の文は、どうしてそのような訳になるのか
そのプロセスを教えて頂けないでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:toko  投稿日:2004年 4月14日(水)22時12分31秒
  I made the train with five minutes to spare .
「発車5分前に電車に乗り遅れた」
 

(無題)

 投稿者:toko  投稿日:2004年 3月17日(水)08時22分48秒
  林先生、ご回答、ありがとうございました!
Take it easy. は「ほどほどに」と解釈するのですね。
「気楽にやれ」と通り一遍に覚えていたので目からうろこでした。
英語は奧がふかいですね~
お世話になりました!
また、教えて下さいね。 m(._.)m ペコッ
 

Take it easy

 投稿者:メール  投稿日:2004年 3月 6日(土)23時39分20秒
  Take it easy.

を、直訳すると、ほどほどに という意味です。


仕事も悩みもほどほどに→気楽にやる
お酒もほどほどに→あまり飲み過ぎないように

訳語は、日本語として自然になればいいのです。柔軟に考えましょう。
 

Take it easy with the drinking.

 投稿者:toko  投稿日:2004年 3月 6日(土)09時18分33秒
  Take it easy with the drinking.
の意味は、私は「お酒でも飲んで気楽にやりなさい」だと
思っていたのですが、その逆で
「あまり飲み過ぎないで」だと分かりました。
どうしてこれがそのような意味になるのでしょうか?
解説をお願いできませんでしょうか?
 

ありがとうございました!

 投稿者:toko  投稿日:2003年11月 4日(火)22時28分10秒
  愡さま、ご回答、ありがとうございました!
つまり、involveする向き(?)が違うってことなんですね。
分かりました。お世話になりました。
 

お答えします☆

 投稿者:  投稿日:2003年11月 1日(土)12時15分21秒
  ①と④のちがいは、④だとcaseが主語になってしまうんです。つまり、「その一件が~という患者を含んだ」のではなく、①の「~という患者が含まれた(受動態)一件」が正解だと思います。英語ではこの様に「何がその動詞を行っているのか」が重要になってきます。  

4択問題

 投稿者:toko  投稿日:2003年10月27日(月)12時25分27秒
  In the USA the right to receive informed consent wasn't expressed until 1957 when the California Supreme Court introduced the theory in the case ( ) a patient who had a problem with blood circulation in his leg.
この文章の(  )に入る語なのですが、
1) involved
2) involving in
3) which was involved
4) which involved
のどれなのでしょうか? 
4)のような気がするのですが、1)との違いがいまいち分かりません。よろしくご教示ください。
 

of help ありがとうございました。

 投稿者:toko  投稿日:2003年 7月14日(月)09時47分59秒
  tokoです。こんにちは ♪
of help について、詳しいご説明、ありがとうございました。
●×高校の体操着の刺繍 のお話、すっごくよく分かりました。
嬉しいです。(^^) 早速、ここ、プリントしました。
まだ、時々、分からない文法にぶつかるので、
その時は、こちらにおじゃまさせて下さい。
よろしくお願い致します。
お世話になりました。
 

of help ③

 投稿者:  投稿日:2003年 6月28日(土)02時34分12秒
  ofは前置詞なので、通常、後ろには名詞がきます。
辞書には、訳語がいろいろ書いていますが概念としてはひとつです。

  of+源(みなもと)=属性(由来、起点)を表す

ofの後ろには必ず、源がきます。イメージとしては、荷札やラベルです。
体操着の背中に●×高校とか書いてあったりしますよね?あれに近い。
ofはもともと、offから派生したといわれますが、たいてい、(~から)と読める。

体操着に●×高校の刺繍(ししゅう)があると
●×高校から離れて、映画館に出かけても、家にいても、海外に出ても、
●×高校というのはついてまわるんです。

こういうのを属性といいますが、所属元であったり、由来であったり、

of+名詞 の働きは形容詞に似ています。
文法的には『of+名詞は、属性を表す』とか言っておけばいいかな。

◆①ofが直前にある語群(名詞や形容詞)を修飾する場合。
It is kind of you to come.

kind of you あなたの親切=あなたはやさしい
訳し方は日本語らしくすればいいけど、同じことでしょ。

kind(やさしさ)は、you『から(of)』でた/うまれた/んですね
youはやさしさの源になってて、
youの名前ラベルがkindにくっついてる感じです。


◆②ofが直前にない語群(名詞や形容詞)を修飾する場合。
(of+名詞は、動詞の補語になる場合)

to be of help(お役に立てると)の場合は、
be動詞+of+抽象名詞の形ですので、
of+抽象名詞は『補語』になります。

of+抽象名詞/補語/は直前の動詞と一体化し、述部として、
直前の動詞の主語を修飾するということになります。
--------------------------------------------------------
●まとめ

▼ofの機能

(of+名詞は、(しばしば、the+)名詞や形容詞を修飾する)the city of London
(of+名詞は、副詞相当語句を形成)within a ten-minute walk of the station
(of+名詞は、動詞の補語(C)になる)to be of help

▼of+名詞の概念
  
  of+源(みなもと)=属性(由来起点)を表す

▼公式①
  of+抽象名詞(冠詞や-sがない名詞)=形容詞(補語)相当語句

▼公式②ofに限らず、通常、時場所を表す、前置詞句は5文型では副詞扱い

within a ten-minute walk of the station (駅“(起点)から”10分)
             →of the station 副詞句
 

of help ②

 投稿者:  投稿日:2003年 6月28日(土)01時18分1秒
  英語の名詞は、ほとんどが、冠詞や-sがない場合、抽象名詞です。
というのは12月の書き込みにもお答えしましたが
抽象名詞という名詞があるというのではなく、日本語と違い、
冠詞や-sがないと具体的なイメージができなず、呼び名にすぎません。
 
レンタル掲示板
/3