teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:26/1032 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今朝の トールちゃん(^○^)ノ

 投稿者:まーくん  投稿日:2011年 9月 2日(金)09時18分38秒
  通報
  内政:産経の教えー自民党って悪かったんだ。民主党が自民党の悪に近づいていると言うのは正鵠。大連立騒ぐ人いるのだから。ただ本家自民党の悪が消滅していない所が問題。次回は「自民漂流」書いて下さい。1日産経ニュース【民主漂流】裏切り、投降…グループ再編の動き 民主、ますます自民化

-------------------------------------------




(降伏1):今日は9月2日。日本が降伏文書に署名した日。実質的に戦争が終わった日。日本では何故この日が記念されないか。終戦に続く占領を考えないため。占領に続く自民党+今日の民主党政策が実質占領の延長であることを知らないようにするため。降伏文書は「日本の一切の官庁及び軍は降伏を


(降伏2):実施するため、連合総司令官の出す布告、命令、指示を守る」「日本はポツダム宣言実施のため、連合総司令官に要求される一切の命令を出し、行動をとることを約束する」と記す。日本は「連合総司令官の要求に完全に従う」ことを約束。第二次大戦後も日本には天皇や政府が存続。しかし


(降伏3):天皇や首相が自ら生き方を考え、政策を出せる訳ではない。天皇と日本国政府の上に連合最高司令官。第二次大戦後日本は米国に完全に従属する形。1945年9月6日、米国合同参謀長からマッカーサー元帥に「連合国最高司令官の権限に関する通達」。第一項で「天皇及び日本国政府の


(降伏4):国家統治の権限は、連合国最高司令官としての貴官に属する」と規定。日本が米国の属国であること明確。さらに「我々と日本国の関係は契約的基礎なく、無条件降伏を基礎」ですから、「貴官の権限は最高であるから、貴官は日本から如何なる異論もうけない」。占領時の中心は吉田茂。


(降伏5):そして占領後も吉田茂。政策にも大きな変化なし。特に在日米軍の在り方は占領時代と占領後変化無し。1960年でも地位協定等米軍の地位に変化無し。つまり日本は占領体制をそのまま今日まで引きずる。そして原理は「貴官の権限最高、貴官は日本から如何なる異論もうけない」
-------------------------------------

占領時代―追加1:マサチュセッツ工科大学の総長コンプトン博士が訪日し、日本の情勢を調査の後、トルーマン大統領に報告した内容。「日本人は事実上、軍人をボスとする封建組織の中の奴隷国であった。そこで一般の人は一方のボスのもとから他方のボス


占領時代―追加2:すなわち現在のわが占領軍のもとに切り換わったわけである。彼らの多くの者はこの切り替えは新しい政権のもとに生計が保たれていければ、別に大したことではないのである。」
 
 
》記事一覧表示

新着順:26/1032 《前のページ | 次のページ》
/1032