teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


プレコングレスについて3

 投稿者:プレコン座長  投稿日:2008年 9月 5日(金)17時59分53秒
返信・引用
  いよいよ明日ですね!
最後にご紹介させていただくのは、川野代表いわく“FTEXの部活動”としてご活躍されている野球班の能勢先生と中枢班の唐沢先生のご発表です。

能勢先生は翌日の全体研修会の内容を踏まえて、投球障害肩についてお話いただきます。能勢先生の多くの著書を事前に読んでご参加いただくとより深く理解することができると思います。翌日の研修会でも投球障害については大きなテーマとなるでしょうから必見ですね!

唐沢先生はPTの皆さんが多く関与する歩行を中心にお話いただきます。下枝の支持性を向上していくために実践されているアプローチについてお話いただきます。
能勢先生は肩を中心に、唐沢先生は下枝を中心にお話されますが、お二人共通している部分としては、やはり局所的なものだけでなく、身体機能全体をみていくことが重要であるということでしょう。つまり“動作”をみて、アプローチするということですね。

今回のプレコングレスも、これからFTEX事業に参加しようと思っている方、すでに講習で学んだことを臨床や現場で実践して悩んでいる方、どちらの方にとっても有意義な時間になるよう盛り上げていきたいと思っています。皆さんも積極的にご発言いただけるようご協力のほどお願いします。
 
 

(無題)

 投稿者:グリーン  投稿日:2008年 9月 4日(木)03時07分15秒
返信・引用
  ブラックさんにホワイトさんに登場してくれましたね!
ありがとうございます
去年はそういえばカキコマンチャの男さんやマリオさんそしてそしてキノピコ?さんとかちっちゃなおばちゃんとかいましたよね???
研修会まで2日だけど書き込まないのかしら???
 

可動域制限

 投稿者:ホワイト  投稿日:2008年 9月 3日(水)23時32分15秒
返信・引用
  「ありがとう」という言葉をもらえるとは思ってもいませんでした。恐縮です。
もう全体研修会まで日もありませんが、最近感じたことを1つだけ。

可動域制限を改善するためにも、筋機能(筋収縮の強さやタイミング等)が重要なんだということは
最近強く感じます。
というのは、棘下筋の筋収縮を高めることで(もちろん棘下筋だけとは言い切れませんが)
水平伸展の可動域が改善し、最終域での疼痛が軽減したことを最近経験したからです。

可動域を改善するためには、骨頭をコントロールしなければならず、そのためには腱板やその他の
筋の筋機能をいかに高めるか、また筋機能が発揮されるための環境をいかにして整えるかということが
大事であるということを強く実感した経験でした。

考えてみれば当たり前のことで、今さら何を・・・と言われそうなことなんですけどね。
どの筋の収縮がどのタイミングで必要なのか、ということがとても気になります。
 

偉いのー

 投稿者:ブラック  投稿日:2008年 9月 3日(水)04時41分34秒
返信・引用
  ありがとう。よく調べたのー
君はやはり真っ白な性格じゃ
それが君の持ち味だが、やや遠慮しすぎるのー
月は地球の自転上で動いておる、地球人の勝手な解釈じゃが
ともあれ、肩関節は面白いのー
分かった振りすれば何でも言えて
分からなかったら何も言わなければいい
たんに物理的な処理では解決がつかん
ホワイトよ。お主が最近感動したり、困ったケースはあるかな
聞いてみたいんじゃ
なぜって、それはなこの掲示板には議論することがないからじゃ
楽しみにしておるぞ
グリーンよ、なんか言いなさい
いいホワイトも登場したぞ
 

偉いのー

 投稿者:ブラック  投稿日:2008年 9月 3日(水)04時40分8秒
返信・引用
  ありがとう。よく調べたのー
君はやはり真っ白な性格じゃ
それが君の持ち味だが、やや遠慮しすぎるのー
月は地球の自転上で動いておる、地球人の勝手な解釈じゃが
ともあれ、肩関節は面白いのー
分かった振りすれば何でも言えて
分からなかったら何も言わなければいい
単位物理的な処理では解決がつかん
ホワイトよ。お主が最近感動したり、困ったケースはあるかな
聞いてみたいんじゃ
なぜって、それはなこの掲示板には議論することがないからじゃ
楽しみにしておるぞ
グリーンよ、なんか言いなさい
いいいホワイトも登場したぞ
 

「肩」

 投稿者:ホワイト  投稿日:2008年 9月 2日(火)21時24分45秒
返信・引用
  久々に覗いてみると、名前が出ていたのでビックリしました。ホワイトです。

まずは投げかけられた問いかけに対する答えですが、「『肩』が『戸』の下に『月』と
書かれている理由」について、私見を述べます。

「月」は「にくづき」なので「身体(意味を広げて体幹)」を表すと考えます。
「戸」は「肩甲帯・上肢」を表していて、「月(体幹)」の上に「戸(肩甲帯・上肢)」
が乗っている様から「肩」になったと考えます。
「なぜ『戸』なのか」ということですが、まず「戸」という文字の形が肩甲帯・上肢の形
に似ているからではないか、ということが1つ。それから、肩関節が「戸」のように動く
ことから使われているのではないか、ということの2つの理由を考えました。
あくまで私見であって、なんら根拠のあるものではありませんが、いかがでしょう。ブラックさん。

肩関節の問題は視点が有りすぎて、まとめきれていないというのが本音です。自分がまとめられて
いないことについて、この場で議論ができるのか…という思いから書き込みを避けていました。

全体研修会を通じて、考えが整理され、少しでも発言することができればと考えています。
 

今年は元気がないのぉー

 投稿者:ブラック  投稿日:2008年 9月 2日(火)05時22分23秒
返信・引用
  グリーンよ 良く覚えて追った
久しぶりじゃなー
書かん理由は、何も議論する相手の書き込みがなかったからじゃ
どうしたのじゃ この会は新しいことではないが、
真に機能的原理を追求しているのではないか
肩関節と一概に言うが、難しいのぉー
この掲示板では議論ができず、みんないい子になっておる
普段のそれぞれの疑問や確信に近づけることをしておらんなー
寂しいことじゃ
誰か、自分の経験や思うことを呈示したらどうじゃ
わしからは1つホワイトに質問じゃ
肩関節の肩とは戸の下に月と書いておる なんでじゃ
お主はこういうことに興味を持っておるはずじゃ
答えてくれんかのぉー
わしの肩関節のイメージは自由とされている球関節
つまり3次元なんだが、関わる多くの関節それぞれの動きが変化すると
単なる3次元で見ると気が狂うじゃろ
本当に動きの本質みたいな経験則からはいらんと
無機質な議論で終わってしまうのが今の時代の限界とは思っているが
目の前の肩の痛みで悩んでいる方達を診ると
何とか、今できることをごまかさずに真面目に取り組もうと思っている
この研修会が何か手がかりが見つかりそうな記がするのぉー
誰か返事をしてくれることを望んであるぞ
 

指定演題 野球競技

 投稿者:PlayBall  投稿日:2008年 8月29日(金)21時34分27秒
返信・引用
  今回は野球の『投げる』特徴について、現場の選手を見たり、日常の臨床経験から気づいた事を発表させていただきます。投球動作が投手のピッチングだけではないことを理解していただければ幸いです。また、『投げる』基本であるキャッチボールについても、私見ですが述べたいと考えています。理解している方には当たり前の事かも知れませんが、再確認していただき、意見交換や討論できれば嬉しいです。では、参加者の皆さん、座長の小林先生、当日よろしくお願い致します。  

指定演題

 投稿者:宮下浩二  投稿日:2008年 8月29日(金)15時24分12秒
返信・引用
  指定演題で発表いたします宮下浩二です。
今回は、投球時に生じる肩関節運動の仕組みや条件を関節の連動の視点から分析し、動画や連続画像を駆使して紹介します。先日、川野先生からお話をうかがいました。午後からの川野先生の講演の前段階の話として聞いていただければ幸いです。単純な肩関節外転運動であっても、その運動の速さや動作目的などの様々な条件で働く機構が異なる可能性があることを教えていただきました。動作の中に生じる一つひとつの関節運動が、その時々の条件と仕組みで成り立っていることについては、改めて考えていかなければ、と思います。
当日いろいろとご意見をいただけることを楽しみにいています。よろしくお願いします。
 

あと1週間

 投稿者:座長  投稿日:2008年 8月29日(金)13時46分55秒
返信・引用
  あと一週間で,今年4回目となる仙台訪問です.
演者の先生方,発表の準備でお忙しいと思いますが,研修会での理解を深めるためにも,是非,この掲示板での情報提供をお願いします.
先日,会議で東京を訪れた際,川野先生の肩関節操作をみせていただきました.その中で「これはヤバイ!下手に行うと,肩を壊してしまう!」と思う操作も含まれていました.まだまだ十分に盗み切れていないので,私は実際に行っていませんが,研修会でも披露していただけるのでしょうか?
次回はしっかり盗みたいと思います.
研修会で多くの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています.
 

レンタル掲示板
/4