teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:29/84 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

of help ③

 投稿者:  投稿日:2003年 6月28日(土)02時34分12秒
  通報
  ofは前置詞なので、通常、後ろには名詞がきます。
辞書には、訳語がいろいろ書いていますが概念としてはひとつです。

  of+源(みなもと)=属性(由来、起点)を表す

ofの後ろには必ず、源がきます。イメージとしては、荷札やラベルです。
体操着の背中に●×高校とか書いてあったりしますよね?あれに近い。
ofはもともと、offから派生したといわれますが、たいてい、(~から)と読める。

体操着に●×高校の刺繍(ししゅう)があると
●×高校から離れて、映画館に出かけても、家にいても、海外に出ても、
●×高校というのはついてまわるんです。

こういうのを属性といいますが、所属元であったり、由来であったり、

of+名詞 の働きは形容詞に似ています。
文法的には『of+名詞は、属性を表す』とか言っておけばいいかな。

◆①ofが直前にある語群(名詞や形容詞)を修飾する場合。
It is kind of you to come.

kind of you あなたの親切=あなたはやさしい
訳し方は日本語らしくすればいいけど、同じことでしょ。

kind(やさしさ)は、you『から(of)』でた/うまれた/んですね
youはやさしさの源になってて、
youの名前ラベルがkindにくっついてる感じです。


◆②ofが直前にない語群(名詞や形容詞)を修飾する場合。
(of+名詞は、動詞の補語になる場合)

to be of help(お役に立てると)の場合は、
be動詞+of+抽象名詞の形ですので、
of+抽象名詞は『補語』になります。

of+抽象名詞/補語/は直前の動詞と一体化し、述部として、
直前の動詞の主語を修飾するということになります。
--------------------------------------------------------
●まとめ

▼ofの機能

(of+名詞は、(しばしば、the+)名詞や形容詞を修飾する)the city of London
(of+名詞は、副詞相当語句を形成)within a ten-minute walk of the station
(of+名詞は、動詞の補語(C)になる)to be of help

▼of+名詞の概念
  
  of+源(みなもと)=属性(由来起点)を表す

▼公式①
  of+抽象名詞(冠詞や-sがない名詞)=形容詞(補語)相当語句

▼公式②ofに限らず、通常、時場所を表す、前置詞句は5文型では副詞扱い

within a ten-minute walk of the station (駅“(起点)から”10分)
             →of the station 副詞句
 
 
》記事一覧表示

新着順:29/84 《前のページ | 次のページ》
/84