teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


あめぞうのことを知ってほしいです

 投稿者:a  投稿日:2020年 7月28日(火)21時56分20秒
  下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします

http://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
http://tiyu.to/1ch_08.html
 
 

昔の旅行で出ています

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2020年 4月29日(水)11時30分40秒
  2020年4月7日、COVIT-19のパンデミックによる緊急事態宣言発令!
世界中が旅行どころでは無くなり、STAY HOME となってしまった。

行くところも、やることも無くなってしまったので毎日がひま、暇、HIMA。
そこで、息抜きも兼ねて昔の旅行記を4トラにUPしてみましたので、ひま潰しにご覧ください。

2001年宇宙の旅・・・・・・・・では無く、2001年ギリシャの旅:古すぎてすみません1
https://4travel.jp/travelogue/11617013

2002年グアム旅行記:古すぎてすみません2
https://4travel.jp/travelogue/11617591

2003イタリア旅行記:古すぎてすみません3
https://4travel.jp/travelogue/11617847

2003年 パリ旅行記:古すぎてすみません4
https://4travel.jp/travelogue/11618385

2004ロンドン旅行記:古すぎてすみません5
https://4travel.jp/travelogue/11618634

2004 サイパン旅行記:古すぎてすみません6
https://4travel.jp/travelogue/11619202
 

結構良いかも

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2020年 3月 9日(月)16時20分36秒
編集済
  ↓のスレ写真3にあるとおり、昨年6月に購入したBSエコピア155/65R14をステイングレーに履かせてみた。

見てくれは標準の165/55R15より一回り小さく感じてしまうが、一旦乗り込んで走り出してしまえば、別に気にならない。

15インチと比べるとハンドルの切れは若干劣るが、インチダウン効果が出たのか、全体的に走りが軽快になった。

エアは指定通り前後2.4気圧入れているが、今までガツンと来ていた段差もカッツンくらいに収まるようになった。

あとは燃費だが、これはもうしばらく乗ってから、ご報告としよう。

写真1:2019年6月23日購入。4ヶ月ほどサンバーに履いたのでナラシは完了済み。
写真2:イオン駐車場にて撮影。
写真3:確かに小さく見えるが、そのうち慣れるだろう。


 

野辺山試走

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2020年 3月 4日(水)15時15分41秒
編集済
  自動後退タイヤのナラシを兼ねて野辺山まで往復。店でもらったチラシには100kmまでは80km/h以下でとあったので
最高速度70km/hの中部横断道をフルに使う。タイヤの印象は以下のとおり。

1.直径が結構大きいせいか、登坂時に車重を感じる。ギア比のマッチングのせいもあるかも。
2.乗り心地は良好。これもタイヤが太めのせいか。(エアはFが2.3、Rが2.4)
3.初めてのチョイ乗り時にも感じたが、じつに静か。
4.燃費についてはまだ不明なので、報告は後日とする。

写真1:去年購入した同サイズのエコピアより半回り太い印象。
写真2:お馴染みの野辺山開拓碑の前にて。
写真3:エコピアをはいたスティングレーだが、車体と比べてタイヤが小さく見える。
    来年の春のタイヤ交換時には逆に装着してみようかな。


 

自動後退タイヤ購入

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2020年 3月 2日(月)15時26分58秒
編集済
  2015年9月に購入したタイ製のダンロップタイヤが、一部カーカスが出るほど変摩耗してしまったので新しいタイヤに交換。

NET購入も考えたが、装着しているホイルが、ほぼ無傷で勿体ないと考え、タイヤのみ購入して組み替えてもらうことにする。

基本的にサンバーで使用する安いものでいいのだが、出来れば国産品が良いと考え見つけたのが自動後退(オートバックス)
で扱っている住友ゴム製のマックスラン・エバーロード。

さっそく市内の自動後退佐久店に出向き、組み替え・バランス・バルブ交換、廃タイヤ処分まで含めて26,000円で購入する。
ちょい乗りして最初に感じたのはハンドルの軽さ、静かさ、目の高さのUPなどであるが、詳細なインプレについては後日とする。

写真1:155/65R14 75H というサイズはスティングレーとほぼ同じ。
写真2:X2819とは2019年の28週の製品。つまり去年の7月頃の製造。
写真3:さっそくサンバーに装着するが、なかなか立派。スティングレーにもこのままいけそうだ。

 

南フランスへ

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2020年 1月19日(日)14時36分44秒
編集済
  行ってきました。

ゴッホの見た夢と失意のプロヴァンスを往く:アルル・ポンデュガール・アビニヨン:2019南仏旅行記1

https://4travel.jp/travelogue/11581207

カルカソンヌはガラガラソンヌ:2019南仏旅行記2

https://4travel.jp/travelogue/11582365

プロヴァンスの美しい村とセザンヌの住んだ街を往く:ルシヨン・ゴルド・エクサン=プロヴァンス:2019南仏旅行記3

https://4travel.jp/travelogue/11584160

ミストラルに吹かれて:マルセイユ・カンヌ・ニース:2019南仏旅行記4

https://4travel.jp/travelogue/11585594

紺碧海岸、コート・ダジュールを往く:モナコ・エズ・ニース:2019南仏旅行記5

https://4travel.jp/travelogue/11586316

クリスマスマーケットはミュンヘンで:ニース&ミュンヘン空港:2019南仏旅行記6(最終章)

https://4travel.jp/travelogue/11587195

旅行記は以上ですが、フランスは自動車生産国ですから くるま事情もつくちゃいました。

フランス人はフランス車がお好き?:2019フランスくるま事情3

https://4travel.jp/travelogue/11589736

どうぞ、暇つぶしにご覧ください。
 

ブリザック購入

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年10月10日(木)09時14分26秒
編集済
  久しぶりに新品のスタッドレスタイヤを購入。
ブリジストン・ブリザック VRX  サイズは 155/65R14 75Q もちろん国産
楽天サイトからの購入で値段は39,800円(税・配達料込み、アルミホイル付き)
スティングレー用だが、これでアルミホイルが5セットになってしまった。

写真1:14インチのアルミホイルのブランドも一応ブリジストンだが made in china
写真2:2219とは2019年の第22週に造られたことを示す。
写真3:左右非対称モデルのタイヤは初めてかも。

 

コートールド美術館展&松方コレクション展に行ってきました。

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 9月27日(金)20時06分20秒
編集済
  毎度お馴染みの事後報告です。

2019年9月11日(911や!)久しぶりに上野詣で。

目的は東京都美術館で昨日から開催中のコートールド美術館展と、国立西洋で開催中の松方コレクション展鑑賞。

詳細は4トラにUPしましたので、そちらをご覧ください。

https://4travel.jp/travelogue/11541409

写真1:エドゥアール・マネ 「フォリー・ベルジェールのバー」 1882年 コートールド美術館蔵
写真2:フィンセント・ファン・ゴッホ 「花咲く桃の木々」 1889年 コートールド美術館蔵
写真3:クロード・モネ 「睡蓮、柳の反映」 1916年 国立西洋美術館蔵

 

スズキ・ワゴンRを・・・

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 7月29日(月)17時40分8秒
  買っちゃいました!

このBBSで何度か報告した通り、3年前からオルタネータ、イグニッションコイル、ドライブシャフトのトラブルに恵まれ?たセルボくんが、ついに引退となり新たに登場したのがスズキ・ワゴンR・スティングレーです。詳しくは↓のページをご覧ください。

http://www.sakunet.ne.jp/~chiaki-k/2019WagonR/wagonrstingry.html

まだ、260kmしか走っていませんので、1000km程度走ったら、またインプレします。

写真1:正面
写真2:側面
写真3:野辺山にて

 

BSエコピア購入

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 6月23日(日)17時22分51秒
編集済
  2015年に購入したダンロップエナセーブEC202(タイ製)がたったの3年で扁摩耗を発生してしまった為、ブリジストン・エコピアを楽天サイトから
ホイル付きで購入、さっそくサンバーに装着してみたのでリポート。

タイヤサイズは155/65R14で日本製。同時に購入したアルミホイルは多分中国製と思われるが、見た目は奇をてらったところが無くシンプルな10本スポークが好印象。
値段は約4万6千円と若干高かったが、まあ、国産のブリジストン製ではやむを得ない。

驚いたのは製造年月日で2019年の第23週に製造ということは今から2週間前!!つまりは出来たてのほやほやのタイヤだった。

20kmほど国道を走行してみたが、最初に感じたのはハンドルの軽さ、乗り心地の良さ、そして静かさで、さすがは乗用車用タイヤだけのことはある。
下り坂をニュートラルで転がしてみたが、ころがり抵抗も少なく感じられたので燃費も期待できそう。

あとはカタログ通りの雨天グリップと、ロングライフだが、今のセルボが履いているエコピアは7年持っているので、こちらも期待できそうだ。

写真1:装着後はこんな感じ。まあ普通な感じが良い。
写真2:タイヤのデザインはこんなパターンで、こちらも普通。
写真3:最初の英文字は製造工場を表し、2319とは、2019年の23週に製造されたことを示している。


 

サンバー13年目へ

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 4月27日(土)15時49分40秒
編集済
  2019年4月22日~23日にスバル・サンバートラックが6度目の車検を実施しました。

http://www.sakunet.ne.jp/~chiaki-k/2019%20sambar%2012year/sambar2019.html

詳細は↑のとおりですが、12年前のタイヤがすんなり検査を通過したのは感動ものでした。(^^;;

 

NYはまだ寒かった

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 4月27日(土)15時43分33秒
編集済
  いつもの事後報告です。

2019年3月29日~4月4日にかけてニューヨークへ行ってきました。旅行記をご覧ください。

1700万人の移民が見た”自由の女神”に逢いに行く:リバティアイランド&エリスアイランド:2019ニューヨーク1

https://4travel.jp/travelogue/11477698

世界を変えた9.11&ブルックリンブリッジの夕景:2019ニューヨーク2

https://4travel.jp/travelogue/11478805

アートの街・NYを往く:メトロポリタン美術館&フリックコレクション:2019ニューヨーク3

https://4travel.jp/travelogue/11480499

トップ・オブ・ザ・ロックからマンハッタンを眺める:ロック&モマ、そして帰国へ:2019ニューヨーク4(最終章)

https://4travel.jp/travelogue/11481655

写真1:お馴染み自由の女神像

写真2:ブルックリンブリッジとロアー・マンハッタンの夜景

写真3:トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め


 

東京詣出

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 2月11日(月)15時37分28秒
編集済
  2018/11/7日、東京へ日帰りで行ってきた。行った所は銀座・丸の内界隈で、滞在時間はわずか4時間という、いつものハードな日帰り。目的は銀座の画廊で開催中の娘の個展の様子を見ることと、三菱一号館美術館で展示中のフィリップス・コレクションを鑑賞することです、ついでに丸の内のショッピング街にあるイータリーで昼食、成城石井でショッピングと忙しい4時間だった。

タイトル:銀座・丸の内界隈・4時間スペシャル:2018フィリップス・コレクションほか

https://4travel.jp/travelogue/11420849/

2019/01/15 上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」と六本木ヒルズ・森美術館で開催されている「カタストロフと美術のちから展」に行ってきたのでレポート。オランダの画家ヨハネス・フェルメール(1632-1675)は寡作の作家でも知られ、現存する作品はわずか35点(疑問作を含めると37点)。今回はそのうちの9点まが東京・大阪に集まり、主催者発表では”日本美術展史上最大のフェルメール展”だそうだ。

タイトル:上野・六本木・5時間スペシャル:2019フェルメール展&カタストロフと美術のちから展ほか

https://4travel.jp/travelogue/11446244
 

マツダ・フレアを・・・2

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 1月 8日(火)21時36分32秒
編集済
  写真4:後ろ姿は完全に軽バン。そういえば初代のワゴンRに似ているかも。

写真5:トランクは必要最小限。

写真6:この値段でHUD(ヘッドアップディスプレー)付きとは恐れ入った。

 

マツダ・フレアを・・・

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2019年 1月 8日(火)17時24分52秒
編集済
  購入した訳ではない。ひょんなことでセルボの修理が必要になった為に借りた代車。

マツダ・フレア、ハイブリッドXG、セーフティパッケージ付きという名のFF車。スズキワゴンR・ハイブリッドFZ、セーフティパッケージ付きFF車とバッジだけ違うモデルで、価格は1,273,300円(税込み)となっているが、値段も一緒。

運転席に座った第一印象は ”お、広い” で、前後はもちろん左右も広い感じ。どうやって稼ぎ出したのか、わからないがセルボと比べて数センチ広い印象。一人乗車での走りは普通で、一般道路はまあまあだが、高速道路はやや力不足。3人乗車では全く力不足で、エンジンばかりうなって速度がついていかない感じを受けた。

写真1:太いセンターピラーが特徴の軽自動車だが、デザイン的にはまとまっていると思う。

写真2:一見、ベンチシート風の運転席だが、適度の高さと厚さがあり、座り心地や見晴らしは良い。

写真3:足が組めるリアシートだが、後ろに一杯下げると荷物はボストンバッグ程度しか載らなくなってしまう。

 

プリンター交換

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2018年11月 3日(土)14時12分8秒
編集済
  2006年12月から約12年愛用したキャノンのプリンターMP600の寿命が、どうやら尽きたので交換する。

2018年10月29日。マイエプソン・サイトで発注したプリンターが到着。機種は最新モデルのインクタンク方式ジェットプリンターEW-M630TW。
セットアップを古いPCでUSB接続でやったら、少々手間がとれたが、何とか出来た。次ぎに新しいノートPCで無線LAN設定したら、こちらの方が、
あっさり設定終了。やはり今はWifiの時代なのね。

写真1:プリンター、コピー、スキャナーの複合機。値段は税込みで約45,000円。
写真2:コピー、スキャナーはこちら。
写真3:A4カラー文書なら約6,000枚印刷可能、1枚当たり0.9円という触れ込みに釣られた。

後日、インクタンクの値段を量販店で確認したが1本1.200円程度とリーズナブルだった。これで安心してカラープリントがじゃんじゃん出来る。

た・だ・し・・・・・

うるさい! とくに内蔵紙を反転させる時がかなりうるさい。古いMP600の方が静かだった。それと、全体的に動作が遅い。
また、印刷が開始するまでの関門がやけに多すぎる。改良に費やされたはずの、12年の時間は何だったんだろう。ちょっと残念。

 

ローマを旅してきました

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2018年11月 3日(土)10時35分23秒
編集済
  いつも通りの事後報告です。
2018/09/18から09/24にかけてイタリア・ローマに行ってきました。
ツアーではあまり行かないマニアックな場所を訪れてみましたので
よろしかったら、ご鑑賞ください。

すべての道はローマから始まる(カラカラ浴場、アッピア街道ほか):2018ローマⅠ
https://4travel.jp/travelogue/11406406

ローマを支えた水道システム&ハドリアヌスの別荘は体力勝負(水道橋公園、ヴィッラアドリアーノほか):2018ローマⅡ
https://4travel.jp/travelogue/11407567

SPQR&パラティーノの丘に立つ(コロッセオ、フォロロマーノ):2018ローマⅢ
https://4travel.jp/travelogue/11408890

え! トレビの泉が立ち入り禁止?(カンピドーリオ広場、トレビの泉、国立博物館ほか):2018ローマⅣ
https://4travel.jp/travelogue/11409729

オードリーの立ち位置は何処?(スペイン広場、パンテオン、サンタンジェロ城ほか):2018ローマⅤ
https://4travel.jp/travelogue/11411432

アルベデルチ・ローマ(コロンナ宮殿、バチカン美術館、サンピエトロ寺院ほか):2018ローマⅥ(最終章)
https://4travel.jp/travelogue/11412551

イタリアくるま事情 Ⅲ : マイクロEV車が走り始めたローマの街 2018
https://4travel.jp/travelogue/11414248/

写真1:2700年の歴史が詰まっているフォロロマーノ。
写真2:ローマの休日で知られるスペイン階段。
写真3:ローマの休日、ラストシーンを撮影したコロンナ宮殿。

 

トヨタ・オーリス

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2018年10月 3日(水)13時26分0秒
編集済
  通りすがりさん、こんにちは。トヨタ・オーリスについて、ご教示ありがとうございます。元の画像を拡大して調べてみたら確かにハイブリッド・シナジードライブのエンブレムがありましたので、ちょとオーリスについて調べてみました。

トヨタ・オーリスは2006年にカローラハッチバックの後継モデルとして誕生、日本、イギリス、トルコで生産されました。2010年から英国ダービーシャー工場でハイブリッドモデルが生産・発売されましたが、これは、トヨタが欧州で生産する最初のハイブリッド車です。つまりプリウスより早かったんですね、知りませんでした。写真に写っているモデルは多分その頃のものと思われます。

なお、初期モデルのE15#H型のハイブリッド・モデルは欧州だけで発売され、日本ではモデルチェンジ後のE18#H型になって2016年になって発売されました。そして、2018年 3月11日、日本仕様の生産は終了、以後、在庫分のみの販売となり、3月20日、日本仕様の販売は終了しました。

ということで、訂正します。ところで通りすがりさんってトヨタの社員さん? それとも、ご自分でオーリスに乗られているんでしょうか。?



 

ハイブリッド

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年 9月13日(木)00時00分23秒
  東欧での貴重な情報ありがとうございました。

“ホンダ・CRZとは珍しい。プリウス以外に見た唯一のハイブリッド車。”
のちょっと上のオーリスはハイブリッドではなかったのでしょうか?
画像の解像度からは判別付きませんでしたが。。。
 

ホンダN-VANを・・・

 投稿者:chiaki-k  投稿日:2018年 8月 8日(水)17時33分7秒
編集済
  購入した訳ではありません。今日、市内のホンダディーラーで試乗しましたので、さっそくリポートします。

2018年8月8日、台風13号接近により不安定な天気の中、WEBで予約した10時30分にディーラーに到着、30分ほど試乗する。試乗車は ホンダN-VAN+STYLEFUN・ターボ Honda SENSING 4WD という長~い名前の軽1BOXバン。カラーはガーデングリーンM。 残念ながら担当のY氏と一緒の試乗となったので、あまりのこと?は出来ずに、ほんのさわりだけの試乗となったが、3つの予定は全てクリアできた。

① 自宅のガレージに入れてみる・・・196cm(+アンテナが5cm)という高さだが、余裕でクリア。

② 100号の画(ダンボール・140cm×170cm)を載せてみる・・・少し斜めにすれば、なんとか3枚程度は積めることがわかった。

③ 高速道路を走ってみる・・・やはり重さ(1t超え)は感じるが、ターボの助けで、まあ普通車と並んで走れそう。

試乗車のSPECは以下の通り

車のサイズは全長 3395mm、全幅 1475mm、全高 1960mm、車両重量 1020kgと少々肥満気味。エンジンは水冷直3DOHCターボで最大出力 64ps/6000rpm、最大トルクが10,6kkg/2600rpmと普通。燃費は21.2km/Lでタンクの容量は25Lと少々小さい。価格は1,799,280円。

試乗コースはディーラー→自宅→高速→ディーラーで時間はおよそ30分と短い時間だったが、良い感想は以下の通り。

1、これが本当に商用車?

  昔、家にスズキアルトというAMラジオしか装備されていない商用車があったが、オートエアコン、パワステ、CVT、LED、自動ブレーキなどの豪華な装備が
  当たり前に装着されている。(但しオーディオはオプション)

2、走りは普通

  普段、軽トラックに乗っているので目線の高さや走りは普通。乗り心地はトラックより良好。

3、全高1960mmに感心

  140cm×170cmの絵画用ダンボールが見事に収まった。スーツケースも大・大・中サイズなら縦置きで積めそう。安全性に若干問題はあるが、横積みでもよければ
  4人乗車して4個のスーツケースも搭載可能と思われる。

これは?という感想は以下の通り。

1、荷物が優先の後部座席

  試しに後部座席に乗ってみたが見事に膝が当たった。子供ならまあまあだが、大人では1時間が限度か。それと、スライドドアの窓は後ろが5cmほど開くだけ。

2、重い

  1tを越える重量はやはり重さを感じてしまう。燃費もFFモデルと比べて悪い。

3、燃料タンクが25L(4WDモデル)

  FFモデルだと27Lなのだが、長距離ドライブではひっきりなしにスタンドに寄る必要がありそう。

と、いうことで試乗は終了したが、もし自分が購入する場合はFFターボモデルになるかもしれない。

理由は全高が1945mmで2cm低く、1950mm以上はダメな立体駐車場でもOK。次ぎに重量が970kgと50kgも軽い。燃費も23.6km/Lと4WDより2.4km/L良い数字。燃料タンクも2L大きい。そして価格も1,668,600円と13万円以上安いから。

以上であるが、WEBの噂通り、今注文しても納期は12月になるそうだ。今はセルボの車検修理中なので半年じっくり考えることとしよう。

写真1:サイドはこんな感じ。時間が無くフロントを撮り逃がす。

写真2:リア&サイドドア・フルオープン。

写真3:助手席ドアと後部ドアの間に支柱が無いのがセールスポイントなのだが、どれだけの人が必要かな?


 

レンタル掲示板
/40