teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:146/1033 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

山前首相の「最低でも県外」は「形の上だけ検討するふり」だったと米公電

 投稿者:まーくん  投稿日:2011年 5月 6日(金)08時20分55秒
  通報
  鳩山前首相が沖縄の人たちを一喜一憂させながら振り回した数ヶ月間は、すべて「演技」だったのですね。
初めからアメリカと「県外移設は形の上だけ」などと約束していたとは、これほど国民をバカにした話があるでしょうか。

「民主党の5閣僚――鳩山由紀夫首相、平野博文官房長官、岡田克也外相(いずれも当時)、北沢俊美防衛相と前原氏――は12月8日夕に会談し、普天間代替施設で前進を得られなかったのは連立相手の社民党のせいだと一致した」

社民党だけが、唯一、沖縄県民の立場に立って戦ったのに、「社民党のせい」とは開いた口がふさがりません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:146/1033 《前のページ | 次のページ》
/1033